舞踊のおかげで僕についたハイヒール散歩

僕は生徒の程度競技舞踊(交流舞踊の時、大会で優劣を競い合うやつ)を通じていました。若い人にはやっと通じないかも知れないけれど、ウリナリ交流舞踊という局を覚えているヒューマンは、想像がつきやすいと思います。この交流舞踊の気分のひとつに、女性はハイヒールをはいた通り踊るというものがあります。
ハイヒールというのは、慣れないヒューマンにとっては随分辛いものです。ういういしい女性がハイヒールをはいて、妙にがに股で歩いていることがたまにありますが、そんなヒューマンはたいていハイヒールをはいたときの重心の取り側に慣れていないヒューマンなんだと思います。
競技舞踊を通じてみてよかったのは、このハイヒールに慣れることができたに関してでした。競技舞踊ですから、ハイヒールをはいてたった歩くどころではなく、一際全身の動きに地雷を用い、激しくスピンしたりしながら踊り合わせるわけです。背筋をどんな風にのばして、どんな風に重心をとれば、激しく動けるかがわかるようになる頃には、常々でのハイヒールは全くへっちゃらになっていました。キレイモ